池袋ウェストゲートパークが外国人に大人気な6つの理由

2000年の大人気ドラマ: 池袋ウェストゲートパーク (IWGP)。日本の若者達の中には名前すら知らない人もいるだろうこのドラマは、当時の視聴者の記憶には強く残っているはずだ。あれ程ずば抜けているストーリーは稀(まれ)であった。2014年にこの話をするのは今さらという感じかもしれないが、多くの外国人、主に日本語を勉強している外国人はこのドラマをこの上なく愛している。

IWGP 1

金髪だけど外国人じゃねぇ

この古くて物凄く渋いドラマが外国人の心を鷲掴みにしているなんてな。どんな魅力があるのかと不思議だろう。

何でこんなことになったのだろうか。

6. ダサいドラマが多い時代にとんでもない世界が作り上げられた

IWGP 2

90年代の連続ドラマは現実離れした展開とベタなメロドラマが中心で観ているこっちが恥ずかしくなる作品が多い。

その中で生々しいIWGPの登場。ギャング、暴力、殺人、セックス。それをコメディー化した斬新なアイディアは後に海を越えて行くことになる。

5. 渡辺謙

IWGP 3

渡辺謙を知らない外国人はいないだろう。それに日本のドラマに出る渡辺謙はもうとうの昔。ハリウッドの大スターになる前の姿が見られるチャンスを見逃せない。

4. 日本の消えた文化

IWGP 5

ギャング、ギャル、ガングロ、ルーズソックス、テレクラ、カルトなどなど。最近中々見られない文化がここにある。

ドラマの影響としては、チーマーが渋谷・池袋などに出現し社会現象化したことは記憶の片隅にあるだろう。

3. 日本の若い俳優・女優たちの成長

Ikebukuro West Gate Park

IWGPの役者の多くがメジャーになった。豪華なキャストで強い印象が残る:

長瀬智也、加藤あい、窪塚洋介、山下智久、坂口憲二、妻夫木聡、佐藤隆太、酒井若菜、遠藤憲一、森下愛子、小雪、阿部サダヲ、安藤裕子、西島千博、渡辺謙

2. BGMがカッコイイ!

 

ドラマではBGMが大事な役を果たす。IWGPの音楽を聞くだけでもノリノリになれる。最高なドラマに最高なサウンドトラック。

1. こんなに楽しいドラマがあるならもっとドラマの世界に興味を持つ。

IWGP 6

日本のドラマをあまり知らない外国人がこれを観るとドラマの世界に嵌る (はまる)確立が高い。だから最初にオススメするドラマは明確だ: I-W-G-P!

今度日本語が出来る外国人と話すことがあればIWGPが好きかと聞いてみてほしい。十中八九答えはYES。

ちょっと懐かしくなってきた?



Related posts:

The following two tabs change content below.
Adam

Adam

Founder of Jalup. Spends most of his time absorbing and spreading thrilling information about learning Japanese. On a quest to become 日本語王 (king of the Japanese language).

Comments

池袋ウェストゲートパークが外国人に大人気な6つの理由 — 5 Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *