Comments

Japanese Is Never Confusing — 6 Comments

  1. 同音異義の多さをきっかけに、高低アクセントを覚え直すことにしています。たとえ「きしゃ」も「記者、汽車、貴社、帰社、喜捨」がありますが、アクセントが異なると意味も異なることもありますし。「しょうがい」、「こうじょう」、「こうせい」など、ほかにも同じ形になっています。いちいち高低アクセントまで覚えるのがやりすぎだと思う人もいますが、Adamさんはどう思うのでしょうか。

    • 高低アクセントを覚えてもいいと思います。こういう小さなニュアンスにこだわる人はより良い日本語を身につけます。

      ビデオでは笑いを取りたくて同じアクセントで言ったんですけどJosephさんの言う通り微妙に違うのです。特に「超みたい」と「腸みたい」。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *